豊富な品揃えが魅力のリサイクルショップ

どんなものを販売しているのか

シールやテレフォンカードを販売しているリサイクルショップが存在します。 価値が低いものでも、100枚単位で売るなど工夫しています。 テレフォンカードの中には、非常に価値が高いものも存在します。 それは1枚でも3000円から5000円の価格がつけられることが多いです。

使用前の生活用品を扱う

多くのサイトでは、生活用品も扱っています。 家に使っていない洗剤などがあれば、ネットでのリサイクルショップで売ってください。 しかし少しでも封を開けてしまっている場合は、買い取れないので注意しましょう。 化粧品も売っていますが、売る時の注意点は同じです。

珍しい文房具を扱うサイト

勉強に使うような筆記用具を、サイトで見かけることがあります。 雑誌の付録に、文房具がついてくることも多いです。 付録が販売されていることもあるので、人気が高かったマンガの下敷きなどがよく売れると言われています。 自宅にも、意外なお宝が眠っているかもしれません。

100枚近く持っている場合

リサイクルショップと聞くと、家具や家電が主だと思っている人が多いのではないでしょうか。
店舗型のリサイクルショップはそのような商品が多いですが、ネットだともっと商品の幅が広くなります。
大量のシールを売っているリサイクルショップも見られます。
おかしのおまけなどでもらえるシールは、1枚ではそれほど価値がありません。・
ですが100枚近くあれば、商品として売り出せます。
今はあまり見なくなりましたが、テレフォンカードも扱っているサイトが多いです。

シャンプーや洗剤などの、生活用品を売っているサイトもあります。
未使用のものに限りますが、そのようなものも買い取ってくれるようですね。
特にお中元やお歳暮でもらった洗剤を、使わないからとリサイクルショップに買い取ってもらう人がいます。
価格は定価か、それより少し安い価格になっています。
未使用の化粧品を見かけることもあるので、もらいものの化粧品があるけれどまったく使っていないなら売った方がいいです。

文房具を扱うこともあります。
鉛筆やボールペンはもちろん、ノートや下敷きなど勉強する時に使用する文房具がたくさんあります。
また雑誌の付録についてき下敷きもあるので、マニアから好評です。
雑誌の付録は、買い逃すと入手できません。
特に昔のマンガ雑誌の付録は、見つけるのが難しいです。
人気の高いマンガだと価値が高くなるので、昔雑誌を買っていた人は、付録が残っていないか探すといいでしょう。

TOPへ戻る